補聴器 

  

種類によって異なる対処法

難聴で悩んでいる人の症状はいくつかあるのですが、難聴の改善をするために活用されている補聴器は軽度の人向けからTRT補聴器など複数の種類があるので、自分の状態に合った補聴器を選んで利用しましょう。

詳細を確認する

種類別の特徴

補聴器は耳を聞こえやすくするための商品なのですが、補聴器専門店などで入手することができる補聴器の値段は商品によって異なります。商品によって値段が異なるのですが、購入やレンタルなど自分の使いやすい方法を選んで利用可能です。

詳細を確認する

補聴器が歩んだ歴史

難聴の人をサポートするために使われている補聴器ですが、補聴器は年々技術力の進歩によって使いやすい商品が増えています補聴器は研究が進み、徐々に進化を続けてきた商品です。

詳細を確認する

補聴器の進化

人間の生活をサポートするための商品はたくさんあるのですが、中でも難聴の人を助けている補聴器は多くの人の役に立つ必要不可欠な存在です。年々技術力が高まっている補聴器はどんどん優秀になっています。

詳細を確認する

難聴と補聴器

難聴は補聴器を利用することでサポートをしてくれます。そのため、多くの人が利用をしています。生活に役に立つ製品を選びましょう。

年々耳が聞こえにくくなったとお悩みの方は補聴器を使ってみませんんか?綺麗に音を聞き取れるようになりますよ!


難聴とは耳の機能障害により音が聞き取りづらくなる疾患です。難聴への対策として最も一般的で身近な対策器具として補聴器が挙げられます。ここでは補聴器の機能や特徴について簡単に述べていきます。まず補聴器は大きく分けてアナログタイプとデジタルタイプの補聴があります。アナログタイプは安価、自然な聞こえ方という利点があります。逆に欠点としては細かい音の調整に不向き、ノイズが目立つ、サイズの制限などがあります。 一方、デジタルタイプは利点として信号処理による集音やフィルタ機能に優れる点、小型化可能といった利点があります。欠点としては高価、設定が難しいといった点が挙げられます。近年ではどちらも性能向上が著しく、差異はなくなりつつあります。 尚、どちらのタイプも耳の穴に合ったイヤーモールドの選択や音声出力設定、穴径の調整などが必要となります。難聴の度合い、実際の聴こえなどを含めて医師、補聴器メーカー、言語聴覚士などの専門家に相談した上で自分に合うものを選択すると良いでしょう。

難聴に対する補助具として、補聴器以外にも色々なものがあります。それらの幾つかを紹介していきます。まず、最も手軽なものとして筆談ボードがあります。これは磁気パネルを用いたものや最近ではパッド型PCなども使用可能です。単純な道具ですが、コミュニケーション手段としてはとても有効です。 次に挙げるのは、会議場などで用いられる無線や磁気ループを用いた音声受信システムです。これは音声を無線信号に変換し、対応した補聴器やイヤホン受信機に飛ばすシステムです。これにより雑音のないクリアーな音を届ることが可能となります。 他にも家庭において、テレビの音を聞き取りやすくするテレコイル(対応補聴器が必要)や、音の代わりに光で知らせるパトランプインターフォンや固定電話などがあります。また、各種器具と連動させた腕時計型の振動器具などもあります。 このように聴こえの補助具は技術の進歩と共に様々なものが開発されています。これらの器具を有効に利用することで、難聴による問題を出来る限り軽減していきましょう。